2015年8月20日木曜日

40 コタバルにて

Kampung Bukit Jeringからおじさんの運転する車でJeliまで送ってもらい、そこから州都Kota Bharuへは長い距離になりますが時間短縮のため、タクシーで。タクシーはランタウパンジャン、パシルマスを経由してコタバルまで2時間ちょっと。料金は交渉でRM80でした。

 
コタバルでは、2つ目のホームステイで知り合ったナジハちゃん・アリヤちゃんの家族が住んでいるというので旅の最後に会えたら嬉しいな、と思いご両親に連絡。ホテル決まってないなら、どうぞ寄っていきなさい、ときれいなお宅に泊めていただきました。

video
田んぼの畦をジャンプ

 
お兄さんのザキくんは中学の頃、日本語を少しだけ習っていました。当時のノートにはたどたどしいひらがながたくさん書かれていました。日本や日本語に興味を持ってくれてありがとう。

 
みんなでくつろいでいるところに、突然登場!ドリアンおじさん。

video
ドリアンを次から次へと・・・

 
僕はあまりドリアン好きではないのですが、アリヤちゃんやザキくんは大好きみたいでどんどんたいらげていきます。

39 Sambutan Hari Raya Aidilfitri その2

 
Rafiai校長から、「なんか1曲歌ってくれないか?」と(笑)ちょうど女の子たちが歌っているハリラヤの歌に飛び入り参加。カラオケ画面を見ながらなんとか歌いきりました。

video
ボーカルの子もバックダンスの子も揃わない

 
冷や汗をかかされた後は、校長・教頭とともにくつろぎながら、ショーの続きを楽しむ。このランチパックはナシゴレンとサテーが入っていました。お楽しみ会後に生徒たちに配るそうです。

video
男性教師による歌唱

 
司会席。実はここにいた男性の先生方が一番盛り上がって、楽しんでいたような気がします。

video
校長Rafiaiさんと教頭Pauziさんのサングラスコンビ登場!

 
校長&教頭は小道具にサングラスなんか用意しちゃって、ノリノリでした。そのあとの男の子2人も自分たちの歌声に酔いしれています(笑)

video
なかなかかっこいい男子児童

video
陽気な先生が乱入して、盛り上げる!

とても楽しいSambutan Hari Raya Aidilfitriでしたが、そろそろ出発の時間。おじさんが荷物を載せた車で迎えに来ました。もっと見ていたかったけれど、名残惜しい気持ちで小学校の皆さんとはお別れです。