2015年8月16日日曜日

32 ペラからクランタンへ

ローカルバスを乗り継いで、クランタン州へ向かおうかと考えていましたが、午前中のコタバル行き長距離バスに空きがあるということで、予定変更し、Kuala Kangsar 10:15発のKota Bharu行きに乗ります。クアラカンサーからコタバルまでのチケットはRM 35.20。

といっても、僕はコタバルへ行くつもりではありません。運転手に頼んで、この長距離バスを途中で下車します。Kuala Kangsarを出たバスは、Gerik、Jeliを経由してKota Bharuへと向かうので、マレー半島の山間部を横断した後の小さな町、Jeliで降ろしてもらえるように頼みました。

 
バスはGerikの町を抜けてすぐ、ドライブインでランチタイムとなります。約40分の停車中に、おかず2品を乗っけたご飯にテーオーアイスを頼んで昼食とします。

 
何も無いあたりにぽつんと建っているこのドライブイン。お客は立ち寄るバスの客とトラックドライバーくらいでしょう。

 
クアラカンサー発車時は小雨まじりでしたが、天気も回復してきました。山間部を通るので標高も高く霧がかかっていましたが、とてもいい景色を眺めることが出来ました。

video
大自然の景色を楽しむ

 
この区間、ほとんど家や畑・農園はなく、延々と自然の熱帯雨林の中を進みます。

 
車窓と地図、道路標識を確認しながらのバス旅。14時過ぎにJeliの町に入りました。希望の下車ポイントはJeliのローカルバスターミナルだったのですが、そこには立ち寄らないとのことで、ペトロナスのガソリンスタンド前で降ろしてもらいました。

31 さわやかな朝

 
昨夜は撮れなかったダブル・ライオン・ホテルの外観。うなぎの寝床のような構造でショップを通り抜けた奥にレセプションと客室がある。ハリラヤ明けで空室あるか少し心配でした。

 
朝食は朝早くからオープンしていたインド系のお店でテータレとロティチャナイ。

 
さわやかな朝、クアラカンサー中心部を散策しました。肉に魚に野菜に果物、市場はにぎやか。

 
誰かが野良猫たちにキャットフードをあげて回っているようで、どこのネコもみな朝食中でした。

 
クアラカンサーのバスターミナル。僕は当初、朝一番のKuala Kangsar発Gerik行きローカルバスに乗ろうかと考えていたのですが・・・。

 
昔からのノンエアコンの赤いバスと最近、勢力を広げつつあるペラ・トランジットのエアコン付きの新しい青いバス。