2015年8月1日土曜日

02 15時10分発Sp. Exp. Sungai Kolok行き

 
13時半頃、フアランポーン駅に戻ってきて、プラットホームへと向かいます。新しい乗車案内画面と昔からのプレート式の乗車案内。そして、ずっと変わらないタイ国鉄の客車が待っていました。

 
エアコン2等寝台も旧塗装と新塗装と混じって連結されています。11号車はなんと女性と子供専用の2等寝台車両となっていました。立ち入ることはできませんが、それなりに需要があるのでしょうか。

 
発車時刻までまだだいぶあり、車内も寝具のセッティング作業中でしたが、エアコンが効いているので乗せてもらっちゃいました。座席の下には小さな段ボール箱がいくつか置かれていて、これはきっと乗務員さんのちょっとしたバイト?で荷物輸送を引き受けているのかな?自分の座る席のすぐ近くにコンセントがあったのはラッキーでした。寝台車の2箇所くらいにコンセントがあるのですが、自席から近くないと使いにくいので・・・。今回の列車では、気軽にスマホの充電が出来ます。

video
のろのろ運転で発車

 
窓の汚れが目立ちますが、バンコク・フアランポーン駅発車直後の写真です。しばらくはのろのろ運転で半ばスラム街と化した地区を行きます。

 
バンスー駅まで徐行運転をしたあと、北方面と分岐するとしばらくは改良工事の進んだ区間を行きます。駅もきれいな高いプラットホームだし、エスカレーターやリフトも設置されています。将来的にはタイ国鉄の路線もこのような感じで近代化が進むのでしょうか。(まぁ、まだまだ時間はかかりそうですが。。。)ナコンパトム駅付近からはまたノスタルジックな雰囲気に戻りますが、スピードはそれなりに出せるようになります。

01 成田からバンコクへ

 
2015年7月、約2年ぶりのマレーシア行きです。4月初旬、デルタ航空のマイレージ利用特典航空券を予約しました。成田~バンコクの往復です。行きは夕方、成田を発ち、深夜にバンコク着。帰りは早朝、バンコクを発ち、午後に成田着。あまりよろしくないタイムテーブルですが、空港利用税以外は何も払っていないので文句は言えませんね。出発当日の天気は雨、小雨のタイミングで家を出たので、成田ではだいぶ時間を持て余しました。

 
空港というのは、どうも特殊な空間だと感じてしまう。変な緊張感が出てきます。出国手続きを早々に済ませ、2度の搭乗ゲート変更案内を聞きつつ、18時過ぎのフライトを待ちました。デルタ航空のフライト、空いていたので横3席を1人締めできました。食事のときと離陸・着陸のとき以外は肘掛を上げたエコノミー3席を使い横になって寝ていました。

 
現地時刻23時頃、バンコク・スワンナプーム国際空港へ到着。こちらの空港でデルタ航空はあまりよい待遇を受けていないみたいで、タラップを降り、シャトルバスに乗り、延々と歩かされて入国手続きへと向かいます。飛行機から外に出た瞬間、東南アジア独特のむあっとした空気に出迎えられました。預け入れ荷物を受け取り、まず向かったのが1st floorの端っこの目立たないところにある「Magic Food Point」です。空港内のレストランやカフェというと街中の店に比べてとてつもなく高い強気な値段設定でうんざりするのですが、こちらの「Magic Food Point」は主に空港で働く職員向けの食堂なので、わりと安価に、そしてローカルな食事を食べることが出来るのです。まずは入り口横のカウンターでクーポン券を購入します。100バーツ出せば、5、10、20バーツの小額クーポンを出してくれますので、あとは食べてみたい店の前で、食べてみたい料理を頼み、その値段分のクーポン券を渡す、という仕組みです。ちなみに使い残したクーポンは帰るときにカウンターで現金に払い戻しできます。

 
「Magic Food Point」でとりあえずのタイ料理を食べた後は、地下の「Coffee World」へと向かいました。このカフェ、いつも空いているのでお気に入りです。日本のスタバとかとほぼ変わらない価格のアイスラテ(120B)を頼み、Wi-Fiパスワードを聞き、スマホでメールやネットしながら、朝まで粘りました。朝一番のエアポート・レイル・リンク、シティラインでマッカサン駅まで向かい、適当な荷物検査を受けてMRTに乗り継ぎ、バンコク中央駅・フアランポーンへと向かいます。

 
フアランポーン駅でまずは寝台列車のチケット購入です。バンコクから南下しハジャイ方面へ向かう夜行列車は5便あり、そのうち4便は寝台車を連結しています。国際列車のバタワース行きは広めの2等寝台ですが、外国人旅行者ばかりの客層はどうもつまらない。第一希望は13時発の快速・スンガイコロク行き、第二希望は15時10分発の特急・スンガイコロク行き、第三希望は15時35分発の快速・ヤラー行きと決めて、チケットカウンターへ。第一希望の快速列車はファン寝台・エアコン寝台ともに上段に数席の空きがあるのみだったので諦め、第二希望の特急列車にエアコン寝台下段の空きがあったので、即決で購入。バンコク~スンガイコロク、特急列車のエアコン寝台下段、977バーツです。同様に帰りの分のチケットも購入。特急のエアコン寝台下段を得ることが出来ました。15時過ぎの発車時刻までまだまだ時間があるので、大きな荷物を駅に預けてバンコク市内をMRTとBTSと路線バスで少しまわってきました。