2015年8月21日金曜日

42 旅の終わり

 
朝10時過ぎ、ご主人にコタバルのバスターミナルまで送っていただく。ザキくん、ナジハちゃん、アリヤちゃん、滞在中に2回会えて嬉しかったよ。国境を越えてスンガイコロクへ。

 
晴天のスンガイコロク駅。ホーム端の食堂前には睡蓮が。

 
お茶とカレーでのんびりとブランチしながら列車を待ちます。

 
帰りの列車も特急列車のエアコン寝台下段。

 
15時過ぎ、早い食事をしました。食堂車からのデリバリーです。そのあとは疲れもあったのでまだ夕方ですがベッドメイキングをお願いして・・・、ぐっすり寝てしまいました。

video
ベッドメイキング

 
23時ごろに目覚めたので、最後の夜に、食堂車でカオパットを。

 
バンコクへと帰ってきました。

 
帰りのフライトはバンコクを朝6時に発つ便。空港内のカフェでアイスカフェラテとチョコレートケーキを頼んで早朝のチェックイン開始時刻まで粘る!

41 おじさん、ココナツを取りに・・・

 
ドリアンおじさんは、僕がドリアンにほとんど手をつけないところを察して、「ドリアンは苦手か?こいつは好き嫌いが分かれるフルーツだからな」と言った後、「そうだ!ココナツはどうだ?あれは誰が飲んでもうまいだろ?」と・・・。

video
いきなり木に登りだすココナツおじさん

video
手で足でたくさんのココナツを落とす

video
採れたてだ!飲め飲め!!

video
いったい何個かち割ったんだろう?

 
ココナッツウォーター、ココナツ1個分一気飲みで全部飲むのって結構大変です。

 
夕食をご家族の皆さんといただいた後、妹たちが寝てしまうと、ザキくんの誘いですぐ近くのレストランへ。チキン・チョップを食べながら、彼の将来の夢とかいろいろお話しました。できれば若いうちにいろいろなところに出かける機会を持って異文化や異宗教にも触れてみてほしい、と思います。ザキくん、とても敬虔なムスリム少年でした。

2015年8月20日木曜日

40 コタバルにて

Kampung Bukit Jeringからおじさんの運転する車でJeliまで送ってもらい、そこから州都Kota Bharuへは長い距離になりますが時間短縮のため、タクシーで。タクシーはランタウパンジャン、パシルマスを経由してコタバルまで2時間ちょっと。料金は交渉でRM80でした。

 
コタバルでは、2つ目のホームステイで知り合ったナジハちゃん・アリヤちゃんの家族が住んでいるというので旅の最後に会えたら嬉しいな、と思いご両親に連絡。ホテル決まってないなら、どうぞ寄っていきなさい、ときれいなお宅に泊めていただきました。

video
田んぼの畦をジャンプ

 
お兄さんのザキくんは中学の頃、日本語を少しだけ習っていました。当時のノートにはたどたどしいひらがながたくさん書かれていました。日本や日本語に興味を持ってくれてありがとう。

 
みんなでくつろいでいるところに、突然登場!ドリアンおじさん。

video
ドリアンを次から次へと・・・

 
僕はあまりドリアン好きではないのですが、アリヤちゃんやザキくんは大好きみたいでどんどんたいらげていきます。

39 Sambutan Hari Raya Aidilfitri その2

 
Rafiai校長から、「なんか1曲歌ってくれないか?」と(笑)ちょうど女の子たちが歌っているハリラヤの歌に飛び入り参加。カラオケ画面を見ながらなんとか歌いきりました。

video
ボーカルの子もバックダンスの子も揃わない

 
冷や汗をかかされた後は、校長・教頭とともにくつろぎながら、ショーの続きを楽しむ。このランチパックはナシゴレンとサテーが入っていました。お楽しみ会後に生徒たちに配るそうです。

video
男性教師による歌唱

 
司会席。実はここにいた男性の先生方が一番盛り上がって、楽しんでいたような気がします。

video
校長Rafiaiさんと教頭Pauziさんのサングラスコンビ登場!

 
校長&教頭は小道具にサングラスなんか用意しちゃって、ノリノリでした。そのあとの男の子2人も自分たちの歌声に酔いしれています(笑)

video
なかなかかっこいい男子児童

video
陽気な先生が乱入して、盛り上げる!

とても楽しいSambutan Hari Raya Aidilfitriでしたが、そろそろ出発の時間。おじさんが荷物を載せた車で迎えに来ました。もっと見ていたかったけれど、名残惜しい気持ちで小学校の皆さんとはお別れです。

2015年8月19日水曜日

38 Sambutan Hari Raya Aidilfitri その1

 
ハリラヤ明けのお楽しみ会、Sambutan Hari Raya Aidilfitriです。先生たちも子供たちもみんな着飾っています。僕もPauziさんの用意してくれたバジュを着て参加。

 
特設の舞台前に子供たちが座ります。僕はどこにいたかというと、ステージの目の前のソファ席で校長Rafiaiさんの隣に!司会進行の先生からも今日の特別ゲストです!と紹介をされてしまう。

 
立派なステージ。ソファ席の前にはテーブルがあり、カフェテリアから飲物とお菓子を持ってきてくれる。ずいぶんな待遇に恐縮してしまいますが、これから始まるショーを楽しみます。

video
低学年の女の子ソロ

video
男女デュエット

 
子供たちの歌とダンス、とても楽しめました。ハリラヤソングはいくつか知っている曲もありました。

video
女の子グループ「Balik kampung

video
楽しそうな子供たち

37 大自然を満喫、きれいな川へ

video
うーん、どこまで行くんだ!?

 
ゴム農園の合間には雨避け小屋があり、まわりにフルーツの木も少し植えられています。

 
市場でよく見かけるあのお豆はこんな高い木に実るんですね。

video
バイク2人乗りで山道を20分、やっと到着

 
乾季なので、いくぶん水量は少ないけれど、きれいな川を見てきました。

video
帰りもバイクで飛ばします

 
面白い形のクエ(マレー菓子)。今夜一晩はこちらのお宅でお世話になります。半地下のベッドルーム。

 
こちらのご主人はいろいろな副職をされていて、竹や木の皮、新聞を固めて強化した紙を使った民芸細工などを見せてもらい、お土産にもいただきました。

 
美味しかったミーゴレン。軽めの夕食なんだなぁ、と思ってたら、このあと満腹になってしまうくらいの盛大なディナーもありました。