2010年6月28日月曜日

食堂車ランチタイム


11時半、定刻どおりに列車はスンガイコーロク Sungai Kolok を発車します。2等車の窓は全開、ファンもありますが、主に外から流れ込む風で走行中の車内は涼しい。車掌さんの検札があり、パトロールの兵士が行き来し、飲み物やお弁当売りも声を掛けながら車内を行き交います。
 

快速列車なので、若干庶民的な雰囲気の漂う車内です。列車は小さな駅にもこまめに停車して、お客さんを乗せていきます。
 
video
揺れの激しいタイ国鉄2等車の車窓
 

お昼12時半。隣の車両の食堂車へと向かいます。食堂車はまだ空いていて、車掌さんやスタッフがのんびり座っていましたが、カオパット・ガイをお願いすると、すぐに厨房へ行き、作り始めてくれました。
 

タイ国鉄の食堂車はメニューが豊富で、いろいろあるんだろうけど、悲しいかなタイ料理の名前をあまり知らないのでカオパットなんてありきたりなものになってしまいます。でも、とても美味しかったので良し。この揺れの激しい列車で炒め物、揚げ物、作ってくれるんだからすごいな、と思う。
 

タイ国鉄の駅員さんや車掌さんも赤と緑の旗を主に合図に使ってるみたい。ここらへんはマレー鉄道と同じですね。
 
video
駅に入線してくるローカル列車

タイ国鉄の2等車

video
Sungai Kolok 止まりの普通列車が到着
 

10時半、バンコクからの快速列車が到着。この列車が折り返し11時半発のバンコク行きとなります。
 

長い編成のこの快速列車、座席2等車は中ほどに2両連結されていました。前の方は2等寝台車、後ろの方には何両もの3等車が連結されています。乗客下車後、お掃除が済むとさっそく乗り込みます。
 

タイ国鉄の座席2等車は一部を除いてノンエアコンのファン車両です。席の前後の間隔はわりとゆったりしていて、リクライニングもかなり下げることができます。
 

僕の乗る車両の隣はラッキーなことに食堂車。今回、僕はハジャイまでしか乗らないけれど、昼食を食堂車でとりたいな、と思っていたのでよかった。
 

停車中の車両は水を補給したり、掃除がされたり、食堂車では食材の積み込みもされています。
 
RAPID 172 Sungai Kolok(11:30)→Hat Yai(15:16)